« Aya Matsuura with Yosuke Yamashita Trio | トップページ | Bill Evans - Elsa »

PCをリズムマシンにしよう!

楽器の練習をする時にリズムマシンがあると、とっても便利です。一人で練習していると自分のリズムが正しいのか分かりませんし、CDに合わせて練習するとお手本(CDの元音)と混ざってしまって、これまた良い練習にはなりません。

PCでリズムマシン、と言うとMIDIシーケンサーが思い浮かびます。
でも、大体のMIDIシーケンサーは多機能すぎて操作方法を覚えるだけで疲れてしまいます。
そこで、おすすめのソフトを紹介します。

それは、FLスタジオというソフトです。(株)フックアップの製品です。製品なので優良なのですが、今回のような使い方をするならば、無料の体験版で十分に使えます。ダウンロードはこちらから。

詳しい使い方は俺流ランバダさんのページがおすすめです。

ここでは、FLスタジオのお気に入りの点を紹介しましょう。

まずは、打ち込みが簡単なこと。
昔、ローランドがリズムマシンを発売していましたが、それ並に使いやすいです。

つぎに、ハネたビートが簡単に作れること。
普通のポップスでは、程度の差こそあれビートがハネているものです。
このソフトではハネる程度を微妙に調整することができます。

それでは早速ダウンロードしてみましょう。
Flopening
インストールして立ち上げると、いつものウインドウズと違った見栄えの画面が出てきます。

私も最初見たときは少し驚きました。
でも、ご心配なく。よく見るとファイルメニュー(File)や編集メニュー(Edit)、あとは×や最小化ボタンもあります。

まずはダイアログの右下のチェックマークを押し ましょう。
派手な音とともにダイアログがクローズしたと思います。

次にファイルメニューで新規を選びましょう。(FILE-NEW)

このソフトは大変多機能で、プロもレコーディングで使っているそうです。
リズムマシンで使うのは、ほんの少しの部分だけなので、他の部分は見ないようにしましょう。
Flfirst
使うのはこの範囲だけなので安心してください。
リズムマシンを使ったことがある人は分かると思います。
楽器名(KickとかHihat)の横にあるボタンが16分音符刻みになっているのですね。
右クリックでオン、左クリックでオフになります。
たとえば、こんな風に打ち込んでプレイボタンを押してみましょう。Flplay
そうすると、演奏が始まります。
テンポを変えたければ、TEMPOと書いてあるところを上下にドラッグしてみましょう。

更にSWINGというツマミを動かしてみてください。
だんだんハネたビートになってきたと思います。

このソフト、体験版での制限は保存できないということだけらしいです。
ついでに色々遊べますよ。

|

« Aya Matsuura with Yosuke Yamashita Trio | トップページ | Bill Evans - Elsa »

★音楽-主にジャズ系」カテゴリの記事

お気に入りソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13941/12087227

この記事へのトラックバック一覧です: PCをリズムマシンにしよう!:

« Aya Matsuura with Yosuke Yamashita Trio | トップページ | Bill Evans - Elsa »